ソーシャルメディアの世界で起きていることがわかるiPadアプリ

以前ご紹介した、「ソーシャルメディアの世界でこの10秒間に起きていること。」のFlashインターフェイスがiPadアプリ「Social Media Counts」になって登場しました。

ちょうどこの記事を書いたのが1年ほど前のデータだったので、比較に主要な部分を抜粋しておきます。

2009年10月

  • ブログポストが104通
  • Facebookに70人が登録
  • デジタルデータに1744ドル使われている
  • 483件ツイッターでつぶやいている
  • 11万5千件あまりの動画が閲覧されている。
  • 586のiPhoneアプリがダウンロードされている。
  • 10秒間に4時間分の動画が公開されている。

2010年10月

  • ブログポストが110通
  • Facebookに102人が登録
  • デジタルデータに1849ドル使われている
  • 11041件ツイッターでつぶやいている
  • 24万5千件あまりの動画が閲覧されている。
  • 2086のiPhoneアプリがダウンロードされている。
  • 10秒間に4時間分の動画が公開されている。

ツイッターへの投稿が20倍!(僕の数え間違いかもしれません)、Youtube動画の閲覧数がこの1年で2倍。iPhoneアプリのダウンロード数が約4倍近くに増加しているのがわかります。

ソーシャルメディアの行動は確実に増えていますね。最後のYoutubeの動画公開数は横ばいなのは、サーバーの処理速度の問題なのでしょうか。

とはいえ、10秒間に4時間分ということは、5分ほどの動画を見ている間に120時間分の動画が裏でアップロードされている計算になります。

一生かかっても閲覧しきれないですね。
via: Personalizemedia