iPhoneを活用したブログの更新環境について改めて考えてみた。

ブログの更新環境について改めて考えてみました。(2012年6月版)

このsoanblogは2003年1月1日にMovableTypeでエントリーはじめたのがきっかけで、今ではWordPressを使って、サイトデザインも気まぐれに更新しながら続けています。

割とというか、かなり思いつきでエントリー入れているので、今の時代から言うと軸のはっきりしたブログ(Conceptual Blog)というよりは備忘録的日記(Lifestyle Blogging)に近い感じで、心が動いたときに気まぐれに書いている感が強いです。

とはいえ、最近はちょっと倦怠期というか、めっきり更新頻度が下がっていたので、改めてこの機会にsoanblogという相方を見直しながら、どうしたら、新鮮な気持ちでブログと向き合えるか? どんなブログにチューニングしなおすか? そのあたりもう一度その関係を取り戻してみたいと思います。

今日は、ライフログとブログの連携に関して考えてみます。

iPhoneでライフログを取って、それを火種にする

散歩しているときとかに、ふと、ひらめいたりします。そのときにメモを書くのですが、よく使っているのはこのアプリ。

Day One (Journal/Diary) App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥170

メモアプリなのですが、iPhoneやiPad、Macのデスクトップアプリとも連携して、どこからでも更新できるのが売りです。

写真 12-06-04 22 43 10.pngDAYONE 2012-06-04.png

(左:Day One)こんな感じで、哲学チックなことをメモったりしています。

(右:Evernote)結構沢山いれているので、半年ごと分くらいにEvernoteに転記してます。

自分が直感的に気づいたことは、後に見直してもエネルギーになるというか、「はっ!」とできるんですね。

この羅列みながら、「そのとき、何がいいたかったんだろう?」って思い返しながら、ツイッターとかに投げてしまうのをぐっと堪えて、考えを練りなおしながらエントリーを書いてみる。というのもいいんじゃないかと思っています。

日々の出来事をメモしておく

Day Oneが「気づき」の情緒的メモだとしたら、具体的な行動ベースのメモも取ってあります。それが、こちら

Momento (Diary/Journal) App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥250

こちらには、「○○氏とお茶した」とか、事実ベースを書いて行きます。このアプリのよいところは、自分で書く行動メモだけでなく、TwitterやFacebook、Flickr、Foursquareなどのソーシャルな情報も、取り込んでくれるので、自分でメモを取らなくても、そのときの情報が渾然一体となって表示されるところです。

どちらのアプリも、思いついたときに、一行でささっとメモするだけなので、習慣化してしまうとそれほど苦になりません。写真 12-06-04 22 56 21.png

普段だと、こうした情報を見返すことはないんだけど、ブログを書くタイミングで最近の自分の行動や考えを振り返りながらネタを探すというサイクルもいいかもしれません。

しばらく、このライフログでいくつかエントリーを書く練習をしてみたいと思います。