罫線の魅力?doane paper

doane paperdoane paper
ノートや手帳に関してはひとつに固定できないタイプで常に色々な大きさ、デザインのものを使ってます。
鞄に似ていて、同じカバンにしておいたほうが、入れ忘れが防げるのですが、機能よりもやっぱりそのときの気分で選んでしまう。


ノートも書きたくなるノートって、その瞬間瞬間違っていて、A3の白紙の時もあれば、Moleskinのような一ページ書くのに緊張するもの、
airpenのようなデバイスものまで、そのときにあわせて使う感じ。
だからこそ、出かけるときに今日の気分を読み取ってどれにするか?を選ぶチョイスが大切(よく間違う&入れ忘れる)なのと、帰ってから必ず読み返して転記したりスキャンしてひとつにまとめる作業が大事。
デジカメで撮った写真を眺めながら整理したりレタッチしている感じ。
ノートごときで手間がかかるんだけど、こうやって色々試行錯誤してあがいていることが、楽しかったりするんですけどね。
最近注目しているのは、自作ノート。今の時代なんでも欲しければ創るという発想。
書くためのノートなのに、そのノートを創るのにまた手間を掛ける。ノートハッカーたる美学。
何もない白紙ページに罫線を印刷するだけで、書きたくなる衝動が生まれるんだから、罫線って魅力的です。
このサイトdoane paper、ノートを販売しているのですが、罫線は無料でダウンロードできるので、お試しあれ。
なかなか魅力的な罫線ですぞ。