BootcampとWindows XP sp3でトラブル

Bootcampに入れたXPをParallelsで立ち上げたら、XPにSP3のアップグレードを促す表示。いつもながら惰性でOKしたが最後、Bootcamp側で再起動しても、

青い画面になり、「autochk program not found – skipping AUTOCHECK」で終了。

再起動を繰り返すします。

埒あかないので、再起動のタイミングでOptionキーを押してMacに戻り原因を調べることに。

■原因

「Bootcamp2.1にアップデートしてからSP 3にあげるとのこと。」(Boot Camp Update 2.1 for Windows XP)

・・・Bootcampをupdateするまえに、SP3入れてしまいました・・。

■対処1 (bootcampのアップデート)

とりあえず、遅いだろうと思いつつも、bootcamp2.1にアップデート。

結果ー>遅かった。症例は改善せず。

SP3の削除■対処2 (XPのsp3を削除)

Parallelsからは幸いbootcamp側のXPが立ち上がるので、起動後、「コントロールパネル」から「プログラムの追加と削除」、「更新プログラムの表示(にチェックをいれ)」、「XP Service Pack3」を削除。

Mac用のBluetoothドライバーなどが動かなくなります・・みたいな警告もできけど、とりあえず続行。

Parallels上で再起動。

システムのプロパティシステムのプロパティ上でXP2になっていることを確認。

Bootcampで再起動

結果ー>とりあえず、起動。成功。

bootcampが2.1になっているのでたぶん安全なはずだが、いまの仕事が一区切りついたらsp3にアップする予定。

■結論

「BootcampにXPを入れているなら、SP3にあげるまえにbootcamp2.1になっているか確認すべし」

ふぅ。