子育て環境の脆弱さと共助のデザイン

「私たちが生きるこの世界を、どのように形成し、現実化するか。それは、進化するプロセスとしての彫刻なのです。人間はみなこれをつくる芸術家なのです。」社会彫刻ーヨーゼフボイス
あなたの知らないアートの世界: 20世紀美術の革命家ヨーゼフ・ボイスと社会彫刻

子育て環境の脆弱さ

引越し作業で 3日間車中泊しながら1000km車走らせ、家に戻ると何の準備も予告もなく子供の入院宣言。そしてその日から病院での付き添い宿泊。今日で4日目。

自分のことが何もできない赤ちゃんなので、24時間誰かが付き添わないといけないのは当然。

だけど、兄妹がいて、これがシングルマザーやシングルファーザーだったりしたら、どれだけ大変か。

20160414023245.jpg
幸い僕自身は時間に自由が多い生業なのと、うまくパートナーと役割分担できたので、子供とキャンプにきたつもりで、親子水入らずで添い寝するのも悪くない。なんて呑気にしてるけど、タイミングによっては、多大に迷惑かけてしまうし、その間の家族や経済的な損失も大きいと思う。今回はたまたま運がよかっただけ。

こうした子供の入院話は子育てあるある話ではあるけど、当事者のお母さんお父さんは本当に大変だと思う。
そんな綱渡りな子育て社会で少子化なのは、当然。違和感のない世界。それに介護も加われば、結婚や子作りなんてしたくないと思ってしまうのも納得できてしまう。

自助・共助・公助

「保育園落ちた」もそうだし、医療、介護の問題も含めて、日本の社会は先送りしている問題が山積している。

確かに、公的資金を使って改善することもできる。でも、いまぼくらが直面している生活問題に切り込んでくれそうなのは、選挙前の街頭演説の言葉くらいで、それが現実化することは実感値として期待できない。

だからこそ、仕事の仕方や家族のあり方。起業などものその一つ。これまで通用してきた考え方を一旦見直し、「自助」の力を高め、そして、「共助」のコミュニティや他人同士が助け合える、新しい仕組みや取り組みに挑戦することが必要。


これなら、国家を待たなくてもはじめられる。

その上で、そうしたことをダイナミックに支える、地域や行政、政治的な「公助」のあり方を提言しみんなで関わりながら設計する。

教育の場においても、受験勉強以上にこの「自助・共助・公助」を通じて、自立的、協調的、持続的に生きる術を「学ぶ」機会がより重要になるだろう。

特に、これだけ災害や課題の多い日本。教材にはことかかない。

突発的な問題が起きた時に、持続的な生活をするために必要なことは、起きてからではなく、起きる前にデザインや問題提議しておくこと。

にしても後手後手すぎる。日本。死んでほしくないけど、もっと情熱的で創造的なワクワクする生き生きした日本になってほしい。

共助とシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーは、Airbnbや乗り合いタクシー的なサービスに注目されがちだけど、シェアハウスのように、他人同士が緩やかに信頼しあいながら、「共助」する新たな取り組みでありインターフェイス。


そして、信頼を得ることで、雇用されることなく、自分の空いている資源や時間を無理なく経済に変えることができるプラットフォーム。

相手を疑うコストをさげれば、素早く、ローコストに互助のマッチングをうみだすことができる。そのリスクをソーシャルメディアによって置き換える社会実験とも言える。

そうしたネットの原理(Wikipediaのように、顔の見えない素人同然のユーザーに編集権を与え、コストをかけずに膨大な辞書を実現した原理など)を実体的な経済に置き換える挑戦がシェアリングエコノミー的なサービスだということ。

でも経済だけに限らず、例えば、ちょっとした時間、知らない他人に子供を預けることができればどれだけの機会コストを得られるか。その知らない人の信頼性を判断したり、一定的に担保しているのが、<これまでは企業や行政、保険、認証といった第三者機関だったけど>現在ではフェイスブックやツイッターといったソーシャルメディアの文化であり、その時代を通じて、それぞれが自身の信頼性を高め、ネットリテラシー(情報の真偽を自分で判断するちから)を高めてきたのだとおもう。

もちろん、Facebookで他人を全信頼できるほど万能ではないけど、隣人の知らない一面や人間関係を垣間見て、短時間でその人を理解するにはとてもよいツールであるのは間違いない。

<学歴や収入といったスペックではなく、誰の友達であるか?という最も重要な信頼性の担保を可視化したことはFacebookの最大の功績だと言える。>

賃貸の連帯保証人など形がい化したものや印鑑や身分証明書などIDの信頼性よりははるかに有効になっていくはず。(近い将来、そうしたことも人工知能が担保してしまう時代がくるかもしれない。それは別次元なので別の機会に)

共助も自助もネットをうまく活用することよって、現実的な柔軟性も高まる。

そうした仕組みを「公助」できる、理解ある行政や地域組織が生まれてくれば、コストを無駄にかけずに、地域の自助や共助を高め、自立した地域経済圏を生み出す可能性も広がる。

引き続きこの問題意識を彫刻化して社会に定義していきたい。

シェアする暮らしに向けて
恥ずかしながら、シェアハウスやシェアする暮らし方を実践してきたのにもかかわらず、4月よりこれまで熊本で実験的に住んでいた多世代型ファミリーシェアハウスを離れ、急遽突発的に知り合いも身寄りも全くいない、奈良に身を置いた瞬間にこういうことが起きて、改めてシェアコミュニティの必要を実感した次第。
これも現実に多くのお父さんお母さんが、直面している問。よい経験と捉えて、新しい社会のデザインを心してかかりたい。

Sasaki Hiroshi

株式会社創庵 代表取締役 NHK教育テレビでIT番組の講師を12年歴任。 ソーシャルメディアによって、一人でも多くの人が自分の個性を生かし、新しい働き方、暮らし方を実践できるように、全国で地域、コミュニティづくり、教育、コンサルテーションを行っている。

あわせて読みたい