[追記あり]Google Driveに1500冊近い自炊書籍全アップしてみた。

更新情報
現在はGoogle DriveやめてDropboxに移行しました。
2ー> 1500冊の自炊本をdropbox管理してわかったこと
2017年3月〜記事をアップデートしました。
ゼロからはじめる Dropbox & Google Drive & OneDrive & Evernote スマートガイド

ゼロからはじめる Dropbox & Google Drive & OneDrive & Evernote スマートガイド

リンクアップ
1,738円(04/01 20:09時点)
発売日: 2019/05/09
Amazonの情報を掲載しています

もっとも手軽に活用できるクラウドサービスはDROPBOXだと思います。

2015年現在、ほぼ書類の同期、そして自炊PDFなどはDROPBOXにいれてあります。ー>2017年はDropbox 有料版で1TB。

GOOGLE DRIVEは100GBの有料プランを使っていますが、Googleフォトに未圧縮のデータを同期させているので、現在ではほぼ写真のバックアップとして活用しています。

Google driveは2017年に無料版へ移行済み

それぞれの使い方は以下の通り

書類、写真、自炊書籍のすべてはDROPBOX

2020年3月現在はDropboxの有料版(2TBプラン/月額$9.99)

現在過去4−5年分ほどの業務書類や、スキャンした書類のPDFデータ、自炊本(1500冊程度90GB)を置いてますが、それでも(173GB/1TB中)くらいです。

参考書類や原稿などの情報はEVERNOTE

Evernoteはスクラップブックです。必要な情報を見つけたら、とにかくクリッピングします。

140731-0006

こちらもヘビーユーザーなので有料版(年間5200円)使ってますが、正直無料でもきっと不自由しないはずです。

無料と有料版の違いはこちらに比較があります。
Evernote プレミアムにアップグレード | Evernote

iPhoneの写真はOne Driveからamazon driveへ

(2015年9月現在。Googleフォトをベースに、One Drive、Dropbox、Amazon Drive(無料版)のクラウドにバックアップされています。)

こちらは、iPhoneアプリを入れておくと、アプリを立ち上げるだけで自動的にバックアップしてくれます。(無料版は写真だけバックアップ〜しかも無制限)

‎Amazon Drive
‎Amazon Drive では、その保存されたドキュメント、音楽、写真、ビデオに簡単にアクセスできます。 iPhoneやiPadが紛失または破損した場合でも、Amazon Driveに保存した重要なドキュメントは安全に保たれます。 あらゆるコンピューターからAmazon Driveにコンテンツをアップロードし、お使いのすべてのデバイスでプレビューし、共有して楽しむことができます。 機能: – iOSデバイスから写真、ビデオ、ドキュメント、その他のファイルをアップロード  – 保存元のデバイスに関係なく、Amazon Driveに保存したすべてのコンテンツにアクセス  – 写真、ビデオ、PD…

定期的にこのAmazon Drive, Google Photo, Dropboxアプリを立ち上げ写真をバックアップしています。

‎Dropbox
‎Dropboxでは使い慣れたツールを使用して、通常のファイルやクラウドのコンテンツを1つにまとめることができるため、ファイルがすっきり整理され、作業に集中でき、チームワークも行いやすくなります。1か所でファイルをすべて整理できるだけでなく、ファイルがすべてのデバイスで安全に同期されるので、いつでも、どこでも簡単にアクセスできます。Dropbox Spaces、スターを付けたコンテンツ、オフラインアクセス、ドキュメントスキャナーなどの機能を使用すれば、他のユーザーと簡単に共同作業できます。 機能: • Dropbox Spacesでは、フォルダ概要の説明、タスク、重要なファイルの固定といった機…
‎Google フォト
‎Google フォトは、撮影した写真や動画の保管や整理にぴったりのサービスです。 「写真アプリとして今これ以上のものは考えられません」The Verge 「Google フォトは使ったら手放せなくなります」Wired 「Google フォトに写真をアップロードさえしておけば、好きなように活用できます」The New York Times • 端末の空き容量を増やせる: 撮影した写真がどんなに増えても、スマートフォンの保存容量を気にする必要はもうありません。写真をバックアップしておけば、端末から削除しても Google フォトに残ります。バックアップ済みの写真は簡単に一括削除できます。 •…

写真を中心としたGoogle Drive活用の現在(2017)

ここはタイトルと矛盾していますが、当初アップロードしていた自炊電子書籍はすべてDropboxに移行して、Google Drive100GBが月2ドルのプランのまま、Google Photoと、Google Docsなど、Googleのサービスのためだけに活用しています。

最近アップロードの速度が早くなった気がしますが、特に動画のデータはアップロードも閲覧スピードも遅かったせいか、大容量の書類共有には適していない気がしていていました。

ある意味、有料版を活用するほどではないのですが、Google Photoの容量は増えて行くいっぽうなので、しばらくは月2ドルの有料版を据え置きにしています。

140731-0003

2017年現在の自炊書籍とdropbox連携はこちらをごらんください。

1500冊の自炊本をdropbox管理してわかったこと

まとめ

正直、どのストレージサービスも一長一短ありますが、iPhoneアプリを経由して使うことも多いので、アプリのインターフェイスや使い勝手が変わるだけで、その特徴や使い道が変わるのも事実です。

この手のサービスは一度有料会員になってしまうと、なかなかダウングレードしづらくなるので、無料で使い勝手を見極めてから、有料化するか検討したほうがいいでしょう。