Mac OSX Yosemiteアップデート時のSSD [Trim Enabler]関連のフリーズ対処方法

IMG_0704.JPG

人柱のヒロッシュです。

昨晩にMacをYosemite 10.10.1にアップデートして、今朝方Macを起動したら、やたら画面が乱れたので再起動。すると、この画面から一歩も進まず。。。ググるとどうも、拡張したSSDに使っているTrim Enablerが原因でした。

その対処が公式サイトにあったので、書いておきます。

対処方法

  1. 起動時にすぐCmd+Rを押し続けて、リブートモードで立ち上げる
  2. ディスクユーティリティーを立ち上げ、起動ディスクがロックされていたら解除(※1)
  3. ディスクユーティリティーを閉じて、メニュー画面からターミナルを起動

以下のコマンドを入力

nvram boot-args

もし、「error getting variable」とでたら次のコマンド入力

nvram boot-args=kext-dev-mode=1

ここで、終了しCmd+Rを押し続けて、リブートモードで立ち上げ直す

cd "/Volumes/(ここに各自のドライブ名を)"

実はここでハマったのですが、リブートしなおしたときに、(※1)でロック解除してからでないと、このドライブ名が出ないので注意!ここに気づかずに難儀しました。

IMG_0005.JPG

touch System/Library/Extensions

もし、このコマンドを入力して「Read-Only」のエラーがでたら、まさに(※1)で解除しわすれて、ドライブ名が発見できていない状態です。

kextcache -prelinked-kernel System/Library/Caches/com.apple.kext.caches/Startup/kernelcache -K System/Library/Kernels/kernel System/Library/Extensions 

これを入力すると、数秒間コマンドが走ります。それが終了したら、ターミナルを終了し、Macを再起動。

起動に成功したら、Trim EnablerでTrimをONにして終了。

途中のドライブをロック解除に気がつかず、危うくOSクリーンインストールするところでした。

この一連の作業が面倒な人は、OSクリーンインストールで対処してしまいましょう。セミナーで使う予定だったので、会場で発覚していたら、えらいことになってました。あやういところセーフ。一安心。