なるほどこの手があったか!恋愛残留物保管サービス minikuLOVE

エイプリルフールか?と思いながらも、面白い角度から攻めてきた倉庫ビジネス。僕もバリバリ愛用しているminikuraの寺田倉庫さん。すごいわ。おもろい。

minikuLOVE – 元カレBOX&元カノBOX –.

この映像みたら全部わかります。

隠しておきたい元カノ、元カレの思いでの品々。捨てるに忍びないし、でも部屋に隠しておくにはリスキー。

そんなときに、minikuraを使って、段ボールで送っておけば、安全に保管しつつ、写真撮影サービスで、その品々をネットでたまに確認できたりする。

で、思い出に賞味期限がきたら、そのままヤフオクとの連携サービスで出品。良く出て来てる。

 倉庫ビジネス x ○○○

さらに興味深いのは、minikura APIと呼ばれる、企業コラボレーション企画。

このプロジェクト自体がそれの呼び水的だと思いますが、1段ボール分で月額250円。その上写真を撮って保管。といった、従来のminikura MONOサービスに別のインターフェイスをつけることで、企業アライアンスで面白いビジネスをしませんか?ということですね。

思いつきアイデアですが、考えてみました。

「miniCLOUD」バックアップしたハードディスクやUSBメモリを保管。サーバーに接続サービスも。

「minikuraBOOKS」預けた書籍を書店のインターフェイスで陳列、販売代行。

「minikuRAKUZA」フリマ会場に騒然とminikura段ボールがならぶ。手ぶらでフリマ出店。

「minikuロシアンルーレット」誰のものかわからない段ボールがランダムに届く。

 「minikuりょーしか」段ボールが10層の入れ子になってて、ちょっとびっくり。

「minikura部」運動部のボールやグローブなどを試合会場に届けてくれる。手ぶらスポーツ。

「minikura家具」あの段ボールにうまいこと入ってる組み立て家具。

なんか、アイデアが雑になってきたのでこの辺で(笑)

恋愛残留物をminikura に保管。

minikuLOVE – 元カレBOX&元カノBOX –.