企画・プレゼン力向上ワークショップ「ethical presentation入門」

企画書を書いたりプレゼンをするという行為は、「夢を叶える」ための予言書や呪文のようなもの。

優れたプレゼンには、言葉に触れた人たちが、同じ夢に向けて動き出す、とても不思議な作用があります。

どんなものも頭の中で思っているだけでなく、紙に落としてみる。人に話してみる。ということを意識するだけで、プレゼン力は大きく向上します。

プレゼンは自分の覚悟を試すもの

企画やプレゼンで常勝はありえません。

そして、それを目指す必要もまったくありません。

大切なことは、プレゼンを通じて、出会った人との長期的な信頼を得ることにあります。

企画が通れば嘘をついても良いというのも違います。格好よく魅せればよいというものでもありません。また、自分だけがよければよいという企画では誰も心動かされません。

プレゼンは常に自分を試します。

「この企画(夢)を実現する準備はできているか?」ということも含めて、その資格が問われているということです。

逆に言えば、企画書を書き、プレゼンをするという行為は、自分の「覚悟」を試す行為でもあり、腹を決めるための決意書の意味もあります。

本気じゃなければ、魔法も通用しません。実行する覚悟を背負ってこそ実現にいたります。

お申し込み

第一回『伝える力』プレゼンテーションワークショップは
2012年4月27日(金)開催です。

内田洋行イベント案内

fecebookでの登録