プレゼンテーションシンキング〜カリキュラムを因数分解する。

160112-0011

2月に東京都の公社で開催予定の「起業のための動画作成講座」

この講座の全体設計をするにあたって、今回は内容を一旦分解して、元素記号に置き換えて化学反応させてみようという、遠回りな思考実験しながら、資料を作成しています。

アイデアをいろいろなインターフェイスで出してみる

本当ならポストイットとか、Moleskineとか、お気に入りの一つのノートなりメモ帳に統一していくべきなのだと思いますが、僕の場合は、その都度気持ちい入り口を探しながら、書き散らかしながら、アイデアを出していきます。

ノートからトレース <アナログからデジタルへ>

IMG_0313

激しく汚い字。自分でも読めません。何を書いたか忘れないうちに、iPadなどでトレースします。

綺麗な字だったら、絶対にしないプロセスです。(本当に綺麗な字の人が羨ましい)

IMG_0314

使っているのは、Grafio

Grafio – Diagrams & ideas App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥960

 

です。あとよく使うのは、Skitch

IMG_0326

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。 App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料
ですね。

わざわざトレースするのは二度手間ですが、ノイズを消しながら、考えを推敲していく時間と割り切りながら、整理していきます。

アイデアプロセッサーから手書き <デジタルからアナログへ>

今度は、パソコンやiPhoneアプリなどの、アイデアプロセッサーから、プリントアウトしたものに手書きで思考を深めます。

160112-0013

このサイトでも度々登場する「Scapple」と「Simple mind」です。

Scapple App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥1,800

 

こちらも、このアプリをチョイスした理由はありません。その時立ち上げたソフトで思考しながら、飽きたら他のアプリや他のインターフェイスに移ります。

同じようなことをsimplemindやパワポでもやっています。

当然、アイデアは重複しています。

160112-0014
SimpleMind App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥3,600

 

こうしたアイデアプロセッサーでアイデア出ししていったものをプリントアウトして、加筆します。

IMG_0327

アナログ→デジタル、そのまた逆と行ったり来たりしながら、またディテールと俯瞰を往復しながらアイデアを練っていきます。

Postit Plusからパワーポイントへ <アナログからデジタルへ>

この辺りで、元素記号風にアイデアをまとめたくなったので、ポストイットに元素記号のアイデアを出していきました。

IMG_0325
Post-it® Plus App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料

 

このアプリで作成したデータをパワーポイントにエクスポートして、パワポでポストイットのデータを清書、整理していきます。

160112-0015

色分けしながら、必要なアイデアをグルーピングしていきます。

あとは、これを眺めながら、資料作りに入ります。

一つの講座を作るのに、いろいろな思考実験やアプリを使ってみながら、散らかしている様が伝わったのではないか?と思います。

ある種の癖といえば、そうなのでしょうね。。

まとめ

プレゼンテーションシンキングでは、プレゼンの資料作りやデザインよりも、そこに至る過程を楽しむことを大切にしています。一見、遠回りですが、資料作りに入る前の思考の粘りこそが、良い資料作りに反映されるはず。という仮説です。

なかなか時間がない時に、こうしたアイデア出しは焦りが出ますが、ある程度の練りこみが終わると、フィニッシュに向けて勢いが増してきますので、ぜひ、こうしたプロセスに着目しながら、いろいろ方法を試してみてください。

160112-0012

アイデアがある程度出尽くした状態でテキスト作りを始めると、俯瞰する余裕も出てきて、あとは「引き算」でアイデアを捨てていきながら、シンプルにしていく作業になります。そこも大切なプレゼン思考のプロセスです。

この講座、起業やフリーランスを目指す女性向けのセミナーになりますが、動画作成に興味がある方は参加できると思いますので、(定員に達していなければ)こちらにご一報いただければ、ご案内させていただきます。