Zope2.6.2インストール

サーバーの変更に伴って、ZOPEをインストール。ひさびさのインストールなのでメモ。Zope.org – Zope 2.6.2 Release Announcement

■インストール

Zope.org – 2.6.2をダウンロード


Linuxへのインストール (バイナリ版Zope)を参照しながら、インストール。
# tar zxvf Zope-2.6.2-linux2-x86.tgz
# cd Zope-2.6.2-linux2-x86
# ./install
(たったこれだけ・・・驚くほどあっという間。)

■起動と設定

Zopeの起動と初期設定を参考に。
#./start & (たったこれだけ・・・)
以前はエラーが云々と出てたのですが、まったくトラブルなしで成功。

■管理画面

http://○○.jp:8080/とたたくと、ZOPEが立ち上がってます。 こんな数分でウェブサーバー+CMSがインストールできるのはいつもながら感心・・MTよりもインストールは簡単です。

http://○○.jp:8080/manage
で管理画面にアクセスします。
この管理画面でZOPEをいじりまわします。

■日本語化

さて、ここからが新しいバージョンなので、よくわかっていないところ。
日本語のパッチとかあてるのかな。。。どうしたっけ?
2.5.1 -> 2.6.2への移動なので、どうもimport/exportがだめらしいとか、断片的に情報をひろっていくと、難関に思えるし。
ZenKai – そろそろ Zope 2.6.x を使ってみませんか?
また前のサーバーでEUCで運用してたので、今度はMTとの連携も考えてUTF-8に統一したいところ。大丈夫か???
とりあえず、ROOTフォルダーのProperties にmanagement_page_charset = utf-8にセット。
Zope2.6.1で日本語にするにはどうするの??参照。
管理画面でutf-8が通るようになったので、standard_html_headerに

を追加して、あってるのかわからないけど、暫定終了。メニューは英語のままでもいいので。
UTF-8に移行する人は少ないみたいですね。EUC-JPにしておくべきか・・・・
ZenKai – RDF のエラー参照

■データーの移動

元のサーバーにあったData.fsを新しいサーバーに移動するだけ。

■プロダクトのインストール

これまた、バージョンが新しいものばかりなので、ひとつひとつインストール。

★間違えている可能性も多々あるので、詳しくはZOPE.jpサイトをご覧ください。
[amazonjs asin=”4839907900″ locale=”JP” title=”Zopeガイド”][amazonjs asin=”4048913921″ locale=”JP” title=”はじめてUNIXで仕事をする人が読む本”]