さくらの季節

さくら

先週末、公園を散歩してました。
どれだけ季節を繰り返しても、さくらに出会える度に日本の良さを実感します。


咲き誇る美しさもそうですが、散る美しさにあってはさくらに勝るものがないですね。
もうすこし色が濃くても薄くても、もうすこし花びらが大きくても小さくてもだめ。
地面におちても、しばらくするととけてなくなるように土にかえる。
色も存在も主張せず、人を魅了する。
秘すれば花とは、意味合いが少し違うかもしれませんが、家族の間で日本文化の伝承が少なくなっている時代、桜が語らずしも日本の心を伝える役割を少し担っている気がしました。
日本人が桜を好きな時代はまだまだ日本のよさが受け継がれていく時代なのでしょうね。