ただいま。

帰ってきました。
ただいま。
今回は本当の旅だけじゃなくて、自分自身を振り返る意味でも長い間、自分の内面を旅していたような気がします。
そして、旅が終わったのではなくて、やっとはじまったような気持ちです。
感じていることと、感じてきたことをどうやって表現しようか、改めて「表現」の難しさにも葛藤してました。
いっそのこと辞めてしまおうかと思い、これまで続けてきたブログも写真もネットサーフィンもテレビも新聞も雑誌も色々なものを断ち切った生活をしていると、本当に何がしたかったのか、何が欲しいのか?
色々手に入れてきたものに囲まれた生活を見回してみて、果たしてそれが本当にそうだったのか?
そうやって、これまであまり深く考えてこなかったことや、自分自身についても改めて問い直すきっかけになった気がしました。
今、家に帰ってやっていることは黙々と「捨てる」こと。捨てきれない執着を「こころ」からではなく「もの」から捨ててみる。
まだまだ捨てきれないものや思いに囲まれている自分なんですが。捨てることでまた次への旅にも希望がわいてくる気がします。
そんなことを思いながら、これからも少しづつ自分なりに感じていることを表現してみたいと思います。
まだまだ知りたいことが沢山あるので、旅は続きそうです。
これからも、改めて、よろしくお願いします!!

「おわってしまうものは ひとつもない すべてがはじまり」
谷川俊太郎 「あさ」より