オーシャンズ 12

オーシャンズ 12映画『オーシャンズ 12』を観る。
とにかく、出演者が豪華と謳っているだけあって、それ以外にはあまり特徴がない映画。


やっぱり役者は映画あっての存在なのに、豪華だけじゃ逆にマイナスイメージの場合もあるんじゃないか?と変なところひやひやしながら最後まで観てしまいました。
また、特別出演のサプライズゲストでさえ、わざとさえない演技をしているんじゃないか?というほどやる気を感じないベタな感じ。
いい意味、ひやひや涼しい気持ちになれるので夏に見るにはいい映画かもしれない。いや、いい意味とはよべないかな。(とはいえ、これだけヒットしているんだから、やっぱり役者陣の余裕なんでしょうけどね・・)
個人的にはキャサリン・ゼタ・ジョーンズが(「ターミナル」の好印象を引きずっていたので)グーでした。
それにしてもシナリオが・・・