オーデュボンの祈り

本伊坂 幸太郎『オーデュボンの祈り

はじめに「ラッシュライフ」を読んだときはピンとこなかったんだけど、デビュー作のこれを読んで改めて、この軽快なテンポと独特の世界観がもつ魅力を感じることが出来た気がします。とにかく面白い!!


登場人物が複雑に交錯しながらも、混乱させることなく高揚感を保ちながら向かうエンディング。最後のパズルがはまった瞬間ゾクゾクとしました。
この本を読んだあとに「ラッシュライフ」を読むともっと楽しめたかもしれませんね。ゆっくりした乗り物で体を慣らしてジェットコースター乗るような意味で。
後味すっきり、爽快に楽しめます。