キャシャーン

映画「キャシャーン」を観る。
賛否両論のこの映画。でも、レビューの数が半端じゃない。
実は超話題作なのではないか?きっと。
この映画はどちらかというと、ディレクターズカット版のほう。
監督の映像に対する思い入れがつよすぎてか、シーンが切れてなくて長すぎ。これをテレビのスペシャルで1時間強くらいの作品にしたら、すごい話題になったと思う。
それにしても、主人公キャシャーンの横顔や、唐沢寿明さんの白髪。台詞回し。なかなか見ごたえアリ。
人間や戦争のおろかさ。多少自傷的なストーリーだけど、映画としての狙いどころはよかったはず。
CGや世界観はすばらしい。でも、フレンダーが全然出てこなくて少しがっくり。
こんな感じで紀里谷監督、SMAP版科学忍者隊ガッチャマン作らないかな。観てみたい。

[amazonjs asin=”B0001A7D0O” locale=”JP” title=”CASSHERN DVD”]