クローズZERO

“クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]” (三池崇史)

次回作が上映されるので、評判の良かったこの映画をチョイス。

ひさびさにヒット。こんな映画が観たい。と思いつつ、ぼてヒットを繰り返すなか、クリーンに爽快に決めてくれた一本。

見終わるまで、鈴蘭高校最強の男が電車男(山田孝之)とは気づかず。あとで思い出して、その役者の幅にも驚き。少しコミカルさを残しつつ落ち着いた風格を見せつけたところ役者のオーラを感じた。

小栗旬も冴えている。ツートップの対決にむかいボルテージのあげかたもうまい。ただの喧嘩青春映画のパッチギと違って、喧嘩シーンの構図や音など、こだわりが随所にみれて、そうしたシーンもだれることなく単純に楽しめる。

ちんぴら役のやべきょうすけも、なくてはならない役所を見事に演じていた。

粗が見えないくらい、テンポもよくて、勢いづいてもう一度最初からみても満足できるほど。ビーパップや湘南爆走族を思い出す爽快な喧嘩青春映画。

ライブのシーン(というか演出)が個人的には余計だったかな。

とはいえ、男子なら必見。