グレーな世界へ

haiirofly.jpg

ネガティブかポジティブか?
誰が敵で誰が味方か?
世界や社会は自分にとってどっち側だろう?
でもよく考えたらどちら側でもなくて、
「側」で考えるからきっと葛藤するんだ。
まるで○×クイズの会場のように、
いつも葛藤し混乱しさまよっている。
0と1の時代はもうすぐ終わるのかもしれない。
0以上1以下な世界。
白と黒の間。グレーの世界に美しさが見出せれば、
新しい時代が産声をあげてうまれてくる。
グレーは混乱の象徴ではなくて、新しい時代への可能性。
曖昧さは情緒をともなった、美しさ。
そんなものを見出せる感性が僕らにはあったはず。
グレーのキャンバスを使って、未来を描こう。