バブルへGO!!

51BWHYWiG5L._SL160_.jpg

“バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション [DVD]” (馬場康夫)

バブルへGO!! これはかなり笑えます。特に世代的には痛笑い。とにもかくにも阿部ちゃんがやっぱりいい。

広末もあの時代に降りて、改めてそのかわいさを再認識。時代の美意識ってたまにこうやって比較してみると面白い。

劇団ひとりも、バブル世代ではないのに、昭和のニオイがするのはなぜだろう?

キャスティングもよいし、バブル時代の適当な感じの描き方もうまい。

またコメディでありながらも、バブル景気って一体なんだったのか?改めて検証してみてる気にもなるので、時代を振り返るにもちょうどよい映画だったんじゃないかな。

「もし、あのとき、こうだったら」という文法そのままで、コメディータッチに日本の時代考証をしてみる映画って、安直だけどもっとあってもいいかも。

特に政治関連。失策を振り返ってみて今後の糧ともなるのでは。