バーガーキング

2008121818220000

今日、渋谷にバーガーキングが復活したらしいのですが、まったく関係なく別の場所にてひさびさのワッパー。最近、このバーガーキングが再び上陸しはじめている。

今となっては、パティ(肉の部分)やバンズにこだわった、値段の高めなハンバーガーはそれほど珍しくなくなったけど、以前からバーガーキングはそのあたりにこだわっていて、撤退した当時はマックなどとの低価格競争に勝てなかったらしい。

確かに直火で焼いたパティは香ばしさがあって、食欲をそそる気がする。学生当時はどっちを選ぶか?といえば断然バーガーキングのワッパーコンボに決まっていた。

最近では、クアアイナのたっぷりアボガドのハンバーガーやチェーン店ではないけど、代々木公園脇にあるARMSのハンバーガー、そうそう、佐世保バーガーなど、どれも、値段は高めだけど、他のバーガーに戻りづらいほど美味しくて、食べるならそっちを選んでしまう。

アメリカ人のように、ハンバーガーをそんなに頻繁に食べるほうじゃないから、食べるなら少々高くても美味しいほうを選びたくなるのかな。

ただ、その間くらいの、手軽にちょっとおいしいバーガーという点ではバーガーキングはいいかもしれない。学生時代を懐かしみながら、「あー、この味。この味」なんてつぶやきながら。