ピンホールカメラ続き

050527_1932~01.jpg三脚たてずに適当に撮影するもんだから、やっぱりブレまくっている。
でも、さっき撮影した風景が2時間くらい遅れて現像されて観ることできる感覚。


不思議なワクワク感。
写真を「撮る」というよりは、「写す」感覚。うまく撮れていなくてもただ写真が写っているだけで嬉しい。
子どもの頃にはじめて自分で写した写真を手にとった時の感動ってきっとこんな感じ。