ファイトクラブ

ファイト・クラブ
どんでん返しといい、映画のテンポといい、キャスティングといい、たぶん女子よりも男子受けしてしまいそうな映画、超オススメです。痛快。ブラピいい!
仕事に疲弊し、おまけに帰る家まで、何者かに爆破されてしまう。そんな不運に満ちた人生の中に失望だけではない何かをみつけてしまう。
殴りあうことで自己を開放しようとする「ファイトクラブ」自分を傷つけることで欲しかったのは開放だけでなく、リアリティーなのだろうか?混乱してく主人公にエドワートノートン。ファイトクラブのチンピラにブラピ。水と油のような二人がどのように絡まりあっていくのかが見所。
終盤まで落ちがわからなかった。でも落ちがわかった瞬間、答えの所在自体に新鮮な驚きがあった反面、何故気づかなかったのだろう?と思う自分に驚いた。
また観たい映画です。


キャストつながり
共演のエドワート・ノートンといえば、レッドドラゴンのFBI捜査官役。すごくよかった。