ベルリン天使の詩

上品な映画でした。ヴェンダース監督。
人の傍らに立ち、人々の声に耳を傾け、そっとささやく。
天使というと子供のイメージが定番だったけれど、この作品に出てくるのは、おじさん。
なんとも人間味あふれる慈愛に満ちたおじさん天使が、「生きる」という当たり前の不自由さの中に、喜びを感じいようとするさまが、新鮮に目に映る。
天使なんて、憧れの職業?!だけど、一度この映画で、天使になったつもりで世界を見渡してみると、人間であることのすばらしさを再確認できるかもしれません。
ゆっくりと流れる、ベルリンの風景に人々の思考が織り成す詩的な言葉の数々。荒廃したムードの町にも人のやさしさや希望が流れている人間世界が実にうまく描かれています。
オススメです。
ベルリン・天使の詩 再考。 – soanblog創庵

[amazonjs asin=”B000EGDDLI” locale=”JP” title=”ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 DVD”]