予知夢

今日、不思議な夢をみました。
家族旅行から帰ってくると、駐車場に置いてあるはずの自分の車がなくなっている。という夢。

で、朝起きて、いつものように車に乗ろうとしたら、車は普通にあるのですが、エンジンがかからない。

車に関する暗示の部分はなんだか当たっているなぁと思いながら、カーディーラーを呼んでバッテリー交換してもらいました。

最近も駐車違反で切符切られたのですが、妙な胸騒ぎがして、急いで戻ったら、10分程度の駐車で切られたり、虫の知らせなのかな。

で、ディーラーで修理を待っていると、整備士の人が来るのですが、なんだか、うんちくさいんですね。

この人トイレ行ってたのかな?なんて思いながら、妙に匂うなぁとおもいながら、修理完了した車に戻ったら、車内もちょっと匂う・・・

あちゃー。なんて思いながら、一旦家に戻ったんですが、そしたら、なんと玄関の前に大人のこぶし大はあるだろう、フンが。

しかも、誰かが豪快にふんづけた痕跡があって、「新聞配達のお兄ちゃん。かわいそう・・」なんて思いながら、ビニール袋で回収して、そのまま荷物を取って仕事場に戻っていったんです。で、同じ車で。で、仕事場に到着して、「はっ!!!!」とそこで我にかえったわけです。

いや、本気で。ネタではなく。しかも、ウンチ臭をずっと他人になすりつけておきながら、まさか自分がとは、夢にも思わなかったんですね。都合がいい性格というのもわざわったか。

はたと、自分の足をみたら、見事にヒット。

ということは、ディーラーの人は逆に「この人、うんちくさい」とずっと思っていた可能性、いや、きっと思っていたはず。

しかも、この人の車内もうんち臭が・・とか。おぉ・・・。

なぜ、この大切なことを予知夢は知らせてくれなかったんだー。と悔やんでも遅い。そんな一日でした。