四日間の奇蹟

4796638431.09.MZZZZZZZ.jpg四日間の奇蹟(浅倉卓弥)
下手な書評になってしまうのを恐れてしまうほど、素晴らしい作品だった。
最後の数十ページは泣いていても人目をはばからず、見上げては滲んだ視点を遠く合わせられるような場所を探し求めてしまうほど。
生きること。存在。心の在りか。出会いと別れ。どの言葉も表現しようとすればするほど感じたものより軽く思えてしまう。
過去への執着。ちょうど読みたかったテーマだけに、ぐっと胸にこみ上げるものがあった。