宿命

宿命東野圭吾「宿命」を読む。
「宿命」というからにはつらい結末かなと思いきや、少し切ないけどすがすがしさの残るいい作品でした。


「宿命」という糸。すこしひっぱると何かがひっかかる。引き寄せすぎると切れてしまいそうで、でも何にひっかかっているのか、知らずにいられない。
そんな主人公の心情とそれを取り巻く人の事情。あまり複雑になりすぎず、最後まで一気に読めます。
DVDg@meの藤木直人と柏原崇。キャスティングもGood。観て見たい。)