文楽 一期一会の舞台

闘う三味線 人間国宝に挑む 文楽 一期一会の舞台

長年共演することのなかった人間国宝に、清治は難曲「阿古屋琴責」で真っ向勝負を挑んだのだ。大夫と三味線が激しくしのぎを削る文楽の世界。最初のけいこから公演までの2か月を追う。

芸の道は果てしなく長い。60を越えても70、80越えても果てなく険しく続く。
最後の競演を終えた人間国宝の言葉

「思うようにいけへんので、ええねん。」

それは決してあきらめの言葉ではなくて、「思うようにできた」と思えた瞬間に精進すべき芸の道が終わってしまうという、芸の世界に生きる人の生き様を凝縮した言葉なのだろう。
驕ることなく、全身全霊生きている芸道極めた人の言葉を前にすると、まだまだ自分の薄っぺらさを実感してしまう。
芸でなくても、人生精進の道は果てしなく長い。