映画「アルゴ」


アルゴ (映画) – Wikipedia
イラン革命真っ最中の1979年。イスラム過激派グループがテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。だが占拠される直前、6人のアメリカ人外交官は大使館から脱出し、カナダ大使公邸に匿われる。CIA工作本部技術部のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させると …
アカデミー賞を受賞した、実話に基づいたCIAの人質救出劇映画。

実話を元にしていることもあり、最後まで臨場感と緊張感あふれる展開で、スリリングな映画に仕上がってました。

ある意味ハリウッド映画らしく、イランとアメリカの勧善懲悪的な構図に違和感なくもないですが、これに対応して、イラン側も同国の視点で本事件を追った映画製作が発表されるなど、映画による国家間のプレゼンテーション合戦も新たな話題として興味深いところ。

史実を元にした映画というのは、ドキュメンタリーであっても作り手の恣意的な視点が入ってしまうもの。その意味では、エンターテイメントとして先入観なくまずは楽しんで、そのあとに、史実を追って情報を追いかけたり、素材となった歴史的背景や、登場人物や舞台設定に興味をもつのもいいと思います。

国家や文化圏をまたぐ瞬間のなんとも言えない緊張感。シーンを思い出すだけで、胃がきゅーっとなってしまう。そんな作品。