映画「ドロップ」

映画「ドロップ

品川ヒロシ著の小説作品。クローズzero以降、ワルメン映画に俄然興味が出てきて観た作品。

ジャンパーを中二病映画と酷評しておきながら、意外と和製ヤンキー映画は好きというひいき目な作品。

ストーリーはシンプル。配役もよく漫画と映像がシンクロするオープニングも難なく軽快に滑り出す。

主演の成宮寛貴に、カリスマ不良の水嶋ヒロ。不良化していく主人公を温かく見守る兄貴分の上地雄輔。よい配役。特に上地雄輔がバラエティでみる雰囲気と違い大人な役所で好感。

胸アツな衝動が足りないこの時代に、ヤンキー映画で熱さを取り戻すのもいいかもしれない。