映画4本ノック

雪降る週末。コタツから出ずに4本映画みたので、一気レビュー。(というか、メモ)

最終絶叫計画 4

おバカ度 ★★★★☆

超くだらない映画。で面白い。「宇宙戦争」「THE JUON/呪怨」「ソウ」「ヴィレッジ」「ブロークバック・マウンテン」このあたり映画を観たことあれば、なんとなくばかばかしく笑えるはず。

トランスポーター2

無敵度 ★★★☆☆

二度観映画。観たの忘れていただけですが、見直してもそこそこ面白いです。

キャピタリズム~マネーは踊る

体当たり度 ★★★★☆

マイケルムーアはなんだかんだいって、全作観てしまってますが、どの作品も好きですね。今回は「資本主義社会」を斬ってます。ドキュメンタリーとエンターテイメントの絶妙なバランス。こんな監督が日本にいないのが残念。

とはいえ、ソーシャルメディア時代にこうした作品がyoutubeあたりに増えてくる気もします。

L.A.コンフィデンシャル

サスペンス度 ★★★★☆

これも間違えて二度観。でも、ディテールを忘れていたので、じっくり堪能しました。やはり名作。プロットもよくできていてすばらしい。

ケビンスペイシーの刑事役って、これがいいんですよね。ゲイっぽく見えてしまうのは偏見だと思いますが、そのおさーんななんともいえない中性的な振る舞いが魅力です。

アメリカンビューティーの倒れて床に這いつくばるシーンがいつも頭よぎるのですが、今回はカッコいい役どころです。