曖昧だけど確かな

空

空を眺めているといつのまにか、空なんか眺めていない自分に気づく。
フォーカスを無限にしてどこにもピントをあわせないでおくと、さまよい飽きた視線は空のように曖昧な存在を自分の中に探し始めている。
そして、気持ちにあいた穴のような場所を空の色で埋めてくれる。
空と心はつながっているような気がした。