残された宿題

4015722523_252f1b439b.jpg

秋晴れの天気に気持ち救われながら、大きく深呼吸。

なんだか気がつくとぼやっとしてしまい、仕事だけがどんどんたまってきてしまった。仕事は無情にもまってくれない。

でも、考え方によっては、仕事のおかげでぼやっとしていられないのも、よいことかな。

考え事をしていると体がこわばっているので、まずは柔軟体操。体をぽきぽきならしながら、体をのばしてみる。

少し寒くなってきたけど、ちょっと気持ちよい。

波長があうってよく言うけど、どれだけ長い時間を一緒にすごしても理解し合えない人もいれば、ほんのちょっと言葉を交わすだけでお互いのことが手に取るようにわかる人もいる。

そうした人と過ごす時間とともに「絆」が深まっていく。

そして、同じ時間や空間を共有しなくても、お互いが存在していることだけで、心強くいられる。絆の力。

祭りの太鼓が乱れず重なり、腹の底にうち響くように、どこからか力がわいてくる。

絆が深まることは、お互いを認め合うことで、自分をも認めること。心細くなったときに、少しの時間相手を思うだけで力が湧いてくる。

残された宿題はこのことなのかな。と、ふと思う。