突然のセッション

ひさびさに、古い知人と再会。
彼のプライベートなスタジオで突然のセッション。
ほどあふれ出すような音の洪水に浸るような心地よさ。
メーカーが修理できなくなったビンテージのシンセサイザーを修理する数少ない職人でもある知人にドイツ製の古いビンテージアルペジエイター(名称見逃す)を見せて(聴かせて)もらった。
UREIを通した音もたまらなく心地いい。
お互いにしかわかり得ない符号で、もう言葉は本当にいらなくなってしまった。
忘れがたい音を堪能した夜。