071116_1751~02.jpgが気持ちいい。夕暮れ。
ネットつながなかったので、帰京後のレビューです。
渡航前はだいぶ忙しくしていたので、今回の沖縄も半ば強引に「仕事だから」と無理して割り切っていったのですが、やはり沖縄、最高でした。無理していっても、おつりがたくさん帰ってくる場所です。
一度も郷里を出たことがなく、会社を辞めてはじめての一人旅をしている最中という女性と旅先でであったのですが、「何がやりたいかはまだ見つからないけれど、いろいろな人とであって、いろいろな話を聞いて、いろいろな生き方があるんだ。ということを知れただけでも大きいし、それがすごく勇気にも元気にもなった」と目をきらきらさせて言っていた言葉が印象的でした。
ちょうどその前に、沖縄で養豚をしている方のお話を聞いていて、生物と同じで地域が生き残るためにも「多様性」が重要。なんてことを飲み屋で熱く教わっていただけに、様々なあり方を受け入れて血肉に変えれる人が生き残る社会なのかもしれない。そんなことを漠然と考えてました。
何がやりたいか?なんて、実は誰もが持っている答えでもなくて、でもそれを探そうと行動している人と、はじめから探そうとしていない人にわかれるだけなのかもしれない。
自分は何がやりたいんだろう?なんて、考えながらいろいろな出会いを楽しんでいると、それだけで、新しい活力が沸いてくる。そんな「旅」の醍醐味を改めて知った週末でした。