重力ピエロ

重力ピエロ

原作読んでから観ると、ストーリーや展開の意外性は楽しめないものの、うろ覚えの記憶を頼りながら、「あのシーンがこうきたか!」という答えあわせのような見方をしてしまう。

それがよいかはさておき、兄弟を描いた映画なのに、個人的には小日向文世、鈴木京香の両親の役どころが全編穏やかな中に芯を感じる絆がうまく表現されていて印象に残った。大事な役を名優がかっちりと抑えた印象。

原作読んでいなければ、きっと、じんわりと来るんじゃないかな