予定調和を壊す


カテゴライズされた段階で価値を失う時代。
そのカテゴリーを壊しながらも、そのカテゴリーすら意識しなくなる自在感を手にいれるためにどうあるべきか?
昨日はこれからのチームランサー的働き方について議論しました。

クリエイティブの仕事は、在庫商売ではなく、まだこの世にない未曾有なものを創る仕事。
妄想からはじまり、予定できないものを創る喜びを覚えること。
期待を超える瞬間を作り出すために、まだ見ぬ未来に不安ではなく希望を見出す力。
クリエイターの資質はそんなところに本質があるはずです。

その意味では数ヶ月先の保証すらないフリーランサーや経営者はほぼクリエイターだということ。

これだけ不確実な世の中では、それを楽しめる人たちが活躍する時代。

顧客がオーダーしてくるのは、デザインやプロダクトではなく、漠然とした未来への不安であること。それを拭うのもクリエイティブの仕事。

予定調和を壊すには、一念三千。未来ではなく今に意識をむけ創造すること。

ジャズセッションのように、緊張感もちつつ、グルーブを楽しむようなMTGに5時間が10分くらいの体感で心地よい余韻のまま終了。