映画「セレステ∞ジェシー」

学生時代に出会い恋に落ち、結婚したセレステ(ラシダ・ジョーンズ)とジェシー(アンディ・サムバーグ)。音楽や食べ物、テンポなどいろんな面で気の合う二人は、いつも一緒にいた。時は流れて、セレステはメディア・コンサルティング会社の経営に勤しみ多忙な日々を過ごす一方、ジェシーはアーティストとしてなかなか売れないながらもマイペースに暮らしていた。セレステは二人が永遠に親友でいられるように、30歳になったら離婚することを提案する。そのために二人は別居するが、家はすぐ隣りで毎日のように一緒に過ごし、親友としての関係を楽しむ。しかしあるきっかけでジェシーと会えなくなり、ジェシーと一緒にいることが当たり前だったセレステは、彼が彼女にとってかけがえのない存在であることに気付くが……。

via: セレステ∞ジェシー | Movie Walker

渋谷シネクイントで上映中の『セレステ∞ジェシー』観てきました。

恋愛映画って最近わざわざ映画館まで観に行きたいと思えるものが少ないのですが、これはたまたまチラシのコピーを観て直感的に興味そそられてた作品。まったくダレることもなく、軽快にエンディングまで観れました。

恋愛と友人関係は両立するか?というよくあるテーマも、じんわりとよい問いを残して終わってくれて、映画観た後に自分の恋愛観と置き換えて話すと盛り上がれること間違いなし。

キャリアウーマンでどちらかというと男性的なセレステ(クインシー・ジョーンズの娘で、脚本も手がけている才女〜ラシダ・ジョーンズ)と、アーティストで収入はないけど温和で女性的な面をもつジェシー(アンディ・サムバーグ)。

古典的な恋愛映画からすると、逆転的な立ち位置のふたり。今の時代はステレオタイプな男性像や女性像ってそんなにないので、多くの人が共感できるんじゃないかな。

仕事にキャリアに自信満々なセレステ。経済的にも彼を支援し、すべてをコントロールしているはずの彼女の元から、ある日彼が距離を置いてしまう。そのとたんに動揺を隠せない彼女もかわいらしくもあり、その事実を受け入れようと前向きに振り切る努力をするあたりも健気。

なんでも思い通りにしたい能動的なセレステと人生を受け入れて受動的に生きるジェシー。

人にはどちらの要素もある。という意味では、二人で一個的なこのカップル。その存在や関係自体がどれも愛おしくもせつなくて人間的。

思い通りにできない出来事に遭遇したときに、どんな風になるか? 二人のあり方や乗り越え方に、色々なヒントがあります。そこをどう乗り越えるか?で人生って大きく成長もするし、新たな自分を発見できるチャンス。

恋愛に限らず、正しく、うまくやることに執着しすぎず、でも、日和見的ではない、相手を尊重して自分に真摯に生きる姿勢が大切な気がしました。

色々なことを考えさせられるけど、元気な気持ちになれるよい映画です。ぜひおすすめ。