iPad mini用のキーボードケースを使ってみた。HAIKAU iPad mini キーボード

iPad miniに最適なキーボードの理想はiPadで活用している、Logicool Ultrathin Keyboard CoverのiPad mini版なんですが、まだ出てこないようなので、とりあえずネットで比較検討して購入しました。
iPadのカバーになる超薄型キーボードが素敵 Logicool Ultrathin Keyboard Cover | soanblog創庵

今回購入したのは、【HAIKAU】 iPad mini Bluetooth キーボード内蔵 360度回転ソフトレザーケース【英語キーボード】(2980円)

いくつかある候補の中でこれに決めた理由は、キーボードのデザイン。ただし機能面では頻繁に使う「DELETEキー」の位置が微妙に違うのと、「ENTERキー」が小さいために慣れるまで若干ストレスがあります。

重さは、予想どおりで、もう一枚iPad miniを追加した程度。欲を言えば、もう少し軽いほうがいいですね。

キーボードはマグネットなのか、着脱型です。 どんな風にセッティングするかは動画をご覧ください。

Macbook Air 11インチと比較すると大きさは半分。厚さは閉じた時の大きさを少し超える程度。MBAが薄いので感覚的には1.5倍ほど厚く感じます。

iPadの向きは縦横回転するので、どちらの方向でも使えます。操作感や入力作業はこれまでのiPad(+ Keyboard)での作業と基本変わらないです。大きと重さを考えると、iPad3の出番は減ると思います。ただし、kindle読書デバイスとしては、このケースだと重すぎるかな。読書が快適だっただけに、若干活用の軸がぶれてます。

とはいえ、値段も安いのでキーボードを探している人ならおすすめです。

iPad mini