MW‐ムウ‐

MW‐ムウ‐ [DVD]

手塚治虫原作、玉木宏と山田孝之主演のアクションサスペンス。16年前、ある島の島民全員が一夜にして死亡する事件が発生。惨劇は政府により闇に葬られるが、奇跡的に生き延びたふたりの少年が存在した。(「キネマ旬報社」データベースより)

玉木宏の残忍な演技はよい。でも、アクション映画というジャンルにする必要はなかった気がする。サスペンスの部分やもう少し原作に近い設定が色濃く出ていたら、作品としての評価も変わっていたかもしれない。

特に冒頭のカーチェイス。見せたい。観たいのはそこじゃないだろうなぁと思いつつ、撮影に力入れてしまった分切れなかった感じもあって残念。

でも、それ以降、観終えた感じはそれほど悪くない。期待せずに観ればそれなりに楽しめる。

知人が大絶賛していたくらいだから、ある意味、これくらいの辛口レビューにしておいたほうが、「えっ!面白いじゃん!」となる類の映画かもしれません。