プレゼンテーションをフレームワーク思考で考える。

プレゼンテーションは、自分の中にあるアイデアや物事を考え、整理するときに役立ちます

とはいえ、いきなりプレゼンテーションをする。構築するなんて難しそうと思っている貴方。この8つのステップで順番に考えてみてください。内容や相手によって、わかりずらいところやひっかかるところがあると思いますが、すべて几帳面に考えすぎず、埋めて行くだけで頭がすっきりしていきますよ。

140317-0003.jpg

プレゼンテーションフレームワーク(ベータ)

  1. 前提確認
  2. 課題共有
  3. 仮説提案
  4. 事例紹介
  5. 応用事例
  6. 戦略提案
  7. 想定効果
  8. 行動促進

詳しい解説は、また改めてしますが、

1)前提確認

まず聞き手が誰か?を明確にイメージして、共通する言葉や話題で始めます。ここから、双方のイメージがずれると最後まで到達できません。

例えば、子育てママの育児問題解決方法についてプレゼンするならば、子育てパパ向けの話をしても話題がずれてしまいます。そして来る人の年齢層やステージによっても聞きたい内容やイメージも違うはずです。ここで、「今日はこういう話をします。よいですね?」と合意形成できることが大切。

2)課題共有

そうした人たちが抱えている問題を共有します。

3)仮説提案

そうした課題に対して、原因や解決方法はこうなんではないか?というアイデアを提案します。

4)事例紹介

そのアイデアに参考となる事例や、成功事例、失敗事例などを紹介。

5)応用事例

そうした事例からヒントを導きます。

6)戦略提案

そのヒントを具体性をもって実践できる提案を行います。そこにかかる費用や必要なこと、もの資源など。

7)想定効果

こうした実践をおこなうことで、どんな未来が待っているのか?モチベーションあがる未来イメージを共有します。

8)行動促進

最期に、もういちど、このアイデアの効果と必要性を確認します。

大きな流れはこんな感じです。「戦略」といった言葉など、少しビジネスっぽいですが、ちょっとしたスピーチや、サービス接客、コンサルティングなど、様々なところで役に立つフレームワークですので、流れを意識して話を組み立ててみてください。

関連リンク

もしTEDに出ることになったらオススメしたい、たった4つのプレゼン作法 | soanblog創庵

Sasaki Hiroshi

株式会社創庵 代表取締役 NHK教育テレビでIT番組の講師を12年歴任。 ソーシャルメディアによって、一人でも多くの人が自分の個性を生かし、新しい働き方、暮らし方を実践できるように、全国で地域、コミュニティづくり、教育、コンサルテーションを行っている。

あわせて読みたい