セッション!!こんな熱いバトル映画見たことない。

こんなファイティングな映画観たことない!!

熱い!!

サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』などの脚本を手掛けてきた俊英デイミアン・チャゼル。主演は『ダイバージェント』などのマイルズ・テラーと『JUNO/ジュノ』などのJ・K・シモンズ。熱いドラマはもちろん、マイルズが繰り出すパワフルなドラミングにも圧倒される。

引用元:映画『セッション』 – シネマトゥデイ

主人公のマイルズ・テラー。この映画のためにドラム特訓したって本当だろうか?だとしたら本当にすごい。

作中にスティックから切れた手の血しぶきが飛ぶシーンがあるんですが、本人のものらしく、迫真に迫る演技ならぬ、迫真に迫る演奏。

鬼教官の凄まじい罵倒に対して、ドラムプレーで壮絶に戦い抜く。音楽を通じた格闘技。

ドラムライン8mileをリミックスして、格闘要素を何割も増したような映画です。

音楽を通じたファイティング映画。こんなの観たことない。ぜひ、体験してみてください。