コメントありがとうございます。

IMG_1878.jpg

数ヶ月に一回は同じタイトルで同じようなことを書いてしまいますが、またズボラしてエントリーにてコメントします。
みなさんのコメントありがとうございます。いつもうれしく読ませていただいています。


ひとつのエントリーに対していろいろな視点や気づきのコメントがあって、書いている本人も皆さんのコメントから沢山のことを気づかされます。
たまにコメントを返そうと記入始めるのですが、結局追いつかず、せっかくコメントを書いていただいたのに、返事がついたり、つかなかったりで、がっくりされた方もいるかもしれませんが、他意はありませんので、深く気になさらないでいただけると幸いです。
ブログもある程度続けていると、まったく同じブログなのに、見えない流れが変わるというか、自分自身の流れも、ここに関心もって遊びにきていただいている方も、変わるんですね。
はじめのころはきっと「誰も見てやしないから」と開き直って書き始められるので、それはそれで気も楽なのですが、徐々に「見られている」意識を持ち始めると、肩に力もはいってしまいます。
できる限り「身の丈」に書いていたいと思いつつも、「こんな人が読んでいるのかなぁ」とイメージしながら書くと、結構書きやすく感じる時と、言葉を選んでしまう時があります。
その意味でもブログは「身の丈」でいることを試す訓練のような気がしますね。
人に見られながらも、等身大に表現することや自然体でいられることって、なかなかできないことだから、それを素直にできる人をうらやましくも思うし、そうなるためのヒントを探すために、ブログを続けているんだと思います。
自分のことはなかなか素直には認められるものでもないのですが、毎日少しづつ何かを表現することで、表現してはじめて「無理しているなぁ」とか「我ながらおもろいなぁ」と客観的に自分を見つめ直せる瞬間もありますよね。
一つ一つのエントリーはいつも自信がないんです。本当に。表現しきれた!100点だ!と思えたことなんて過去一回もないと思います。書いて消すことも多いし、下書きのまま彼方に消えていくときもあります。
でも、コメントをいただいて、0点じゃなかったことに気づく瞬間、大きな力をもらった気がします。
中途半端になるかもしれませんが、隙をみてお返事書かせていただきますね。