映画「アーティスト」

チェックサイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリカの映画賞をも席巻。芸術家(アーティスト)であることに誇りをもち、時代の変化の波に乗れずに凋落(ちょうらく)してしまうスターを演じるのは、『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のジャン・デュジャルダン。ほかに、ジョン・グッドマンなどのハリウッドの名脇役が出演。サイレントの傑作の数々へのオマージュが映画ファンの心をくすぐり、シンプルでロマンチックなラブストーリーも感動を誘う。

ストーリー1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロインを務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作がヒットせず……。

via: 映画『アーティスト』 – シネマトゥデイ

のんびりと過ごしていたGW。シェア友に誘われて映画「アーティスト」へ行ってきました。
アカデミー賞最多5部門の受賞作。
サイレントからトーキーへ映画産業も時代の転換期。無声映画のトップスターが時代に取り残されるあたり、どの時代にもメディアの転換期にこんなドラマがあったんでしょうね。

自分のスタイルにこだわる主人公と、軽やかに時代のトップスターに踊りでる女性。普通だったら、それでおしまいの二人なんだけど、素敵なラブストーリーになってます。

サイレント映画って、少しもどかしくて、でも言葉少ないからこそ、情緒的な「せつなさ」を間を使ってしんみりと感じさせるフォーマット。最初はサイレント映画なんて堪えられるだろうか?と思っていたのですが、キャストや脇役の名犬アギーの演技や表情が本当に素敵で、最後の最後まで無声だったことを忘れてしまうほど。

なによりも、若い端役女優、ペピー・ミラー役のベレニス・ベジョがなんとも愛おしい役所で、その献身さにほれぼれします。

去年のアカデミー賞が「英国王のスピーチ」だったので、どこかこうしたもどかしさの残る作風がいまのはやりなのかな。サイレント映画がアカデミー賞というのも驚きですが、古くて新しい手法が映画体験としても新鮮です。

それにしても、男はいつの時代も女性に助けられて生きていくものなんですね。ご多分に漏れず。

本当にいい映画でした。日本語だとわからないニュアンスもあるので、映画を見終わったら、解説をみて再度楽しんでみてください。